FC2ブログ

いつか日々の泡となって消えてしまうのだとしても

記憶に残るほどではないかもしれない、日々のよしなし事や心の揺らぎ

Category [読書日記 ] 記事一覧

スポンサーサイト

長い時間のあとに

続きを何年も待ち続ける作品がある。何年も待ち続けることができる、それは期待があるから。続きを読みたい。そんな単純な、でもとても欲深い期待。それを続けていたら、10年以上過ぎていた。そして、やっとやってきた、「十二国記」の新刊。もちろん続きを待つシリーズはそれだけじゃない。でも、まずは書かれていたことを素直に喜ぼうと思う。作者にすら忘れ去られてしまう、哀れな世界は世の中に無数にあるのだから。続きがある。...

ブックカバー

本は場所の都合もあって、ほとんどが文庫本。だから、買うと書店ごとにそれぞれのカバーを掛けてくれる。数が増えると面倒になることもあって、普段は読了したかしないかの印がわりに、掛けておくようにしている。読み終わっていないならそのままにしておくし、読み終わったら外して本棚に入れてしまえばいい。宣伝だったり、ロゴだったり、色が選べたり。お店ごとに個性があって、集め出したらキリがなくなりそうなくらい。よっぽ...

ガイドブック

行き先のガイドブックを、真剣に読み込み中。いつもの旅行みたいに楽しいだけじゃないところが、何だか変な気分。楽しみたいけれど、単なる観光客として楽しんでいたら、非難されそうな気がしているからかしら。素直に楽しみたいのに、何かが邪魔をしている。こんな気分のままでは、ガイドブックもきっと単なる参考書。もっと自分の気持ちに、正直になってみてもいいのかしら。...

人間関係

「人間関係ってメンドくさい」。大きな声で語る、高校生達。確かに面倒なことが、多いよね。関わらなければ巻き込まれずに済む面倒ごとも、たくさんあるよね。でもね。面倒だからこそ、いい。そう思うことだってあるんだよ。そう思った私は、彼らから見ればただのおばさんなんだろうな。親しい人と、親しくない人。表面的にすぐ見分けがつくかどうかは、判らない。嫌いな人や苦手な人が一緒にいたとしても、多人数でならお茶も食事も...

図書館

最近の図書館サービスは便利だね。返却日も取り寄せ図書の到着も、みんなメールで教えてくれる。検索して取り寄せるのも、インターネットで自宅から出来る。やってないのは、回収と宅配くらいかしら。でも、書架の中を歩いて、面白そうな本を見つけ出す楽しみだけは、実際に行かないと味わえないんだよね。だから多少の面倒や手間をかけても、ついつい行ってしまうんだ。行ったらそう簡単に帰ってこられなくなっちゃうのが、困った...

ご案内

私、のこと

桜珠

Author:桜珠
日々揺れ動く波のよう。
安定とはあまり縁がありません。

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

更新の励みになります。ご協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

闇を泳ぐ魚

空を自由に飛び回れ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。