FC2ブログ

いつか日々の泡となって消えてしまうのだとしても

記憶に残るほどではないかもしれない、日々のよしなし事や心の揺らぎ

Category [季節の詩 ] 記事一覧

気配

9月までもうあと数日。なのに猛暑と呼ばれる暑さが続く。まだまだ夏の空気は残ったままだけど、なんとなく落ち着かない不安感。暑さ疲れなのか、それとも違う何かなのか。原因さえはっきり掴めずにいる。きっとそれさえも、忍び寄る秋の気配なのだろう。得体の知れない、暗く重苦しいものを抱えながら、来たる季節の目に見えない到来をただ感じ取る。...

かけあしの夏

これまでにないほど早く梅雨が明けて、やってきたのはもはや殺人的とも呼べるほどの暑さを伴った青い空。日曜日から始まった平成最後の7月は、なんだか早送りのようにあわただしい。身体も心も、夏に慣れる間もなく追い立てられるように、次々とやってくる予定をこなす。もちろんその間には、楽しいことも素敵なことも、そして悲しいことも苦しいこともたくさん存在した。それら全てを内包して、夏が駆け足で進んでいく。さて、一...

梅雨入り

からりと爽やかな初夏の陽気が一転。どんよりとした鈍色の空と湿気を伴って、梅雨がやってきた。すっきりしない陽気のせいか、私の頭もなんだかぼんやり。思考も感情も停滞気味なことを感じながら、1日を過ごす。これもまた季節のせいだと判っているけど、もやもやした何かが居座っている状態は、やっぱりとても重苦しい。早く晴れ間が戻って来ますように、とぼんやり願う。...

雪あかり

数年ぶりの大雪で、街は大混乱。TV画面から流れるニュースは交通情報と雪景色一色。多くの人がトラブルに巻き込まれて大変なことになっている。そんな中で、窓の外の景色をぼんやりと眺める。いくつもの屋根の上には雪の積もった日特有の、うっすら白い光。冷え切った中のこの明かりが、何故か昔から好き。雪の日だけの、特別な光だ。...

一足早いクリスマス

12月が始まって、一週間。クリスマスまで街中がカウントダウン中のような季節だ。そんな中、海を渡って友人からクリスマスカードが届く。少し早いけれど、この時期は郵便が遅延しやすくなるので。そんな注釈をつけつつ、突然にやってきた。実は私も、彼女に送るためのクリスマスカードを書いていたところ。海の向こうに送るなら、少し早い時期の方がいい気がしていたから。一手先を越されてしまったので、あわてて郵便局に駆け込む...

ご案内

私、のこと

桜珠

Author:桜珠
日々揺れ動く波のよう。
安定とはあまり縁がありません。

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

更新の励みになります。ご協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ

闇を泳ぐ魚

空を自由に飛び回れ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム