いつか日々の泡となって消えてしまうのだとしても

記憶に残るほどではないかもしれない、日々のよしなし事や心の揺らぎ

Entries

暖かい布団の中で、うとうととまどろむ。
寝ているような、寝ていないような。
かといって、眠っているわけではない。

そんな状態で浮かんでくるのは、何故か過去の嫌な記憶ばかり。
よくそんなことを覚えていたよね、と自分でも思うくらい小さなことだったり、遠い過去のことだったり。
まるで瓶の底に沈んでいた澱が、何かの拍子で舞い上がったよう。

心の澱は、ずっと消えることもなくこうやって淀んでいるだけなのだろうか。
それとも、苦手な二月だからこそ思い出したのだろうか。
また静かに沈めてしまえばいいのかな。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

私、のこと

桜珠

Author:桜珠
日々揺れ動く波のよう。
安定とはあまり縁がありません。

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

更新の励みになります。ご協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

闇を泳ぐ魚

空を自由に飛び回れ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム