FC2ブログ

いつか日々の泡となって消えてしまうのだとしても

記憶に残るほどではないかもしれない、日々のよしなし事や心の揺らぎ

Entries

過去からの招待状

10年くらい前まで一緒に働いていた、元同僚から突然のメールが届いた。
もう何年もやりとりすらなかったのに、突然の連絡でびっくりする。

読んでみれば、彼女が主催者で開催するイベントのご案内。
同じメールを送られた顔触れを見て、懐かしさに少し行ってみたくなる。
でも、イベント自体はなんとなく胡散臭さの漂う中身。
気になったから「検討してみます。行けたらまた連絡します」と返信して、メールの中身からキーワードを幾つも拾って検索してみる。

やっぱりこんな時の勘は、狂わない。
思った通り、いささかの用心が必要な香り。

そうか、そうだよね。
覚えている限りの彼女のデータと、検索の結果を組み合わせてみたら、だいたいのビジョンは見えてきた。
でも色々なことが気にかかって、横になっても眠れない。

終わったこと、過去のこと、として記憶の箱にしまっておいたことが、急に無理矢理封を開けられて飛び出してしまっている。
自分で思っていたよりも、割り切れないままでいたんだな。
未整理のままなのに、もう通り過ぎた過ぎたこととしておさめてしまっていたんだな。

そして、そっけない返信からも判ったことがある。
別に心底来て欲しいわけでもないってこと。
だとしたら、私一人で過去を思い返して、悩みの続きを始める必要なんてない。
かつて同僚だった、過去の人として切り捨てても構わないってこと。

過去から急に踏み込まれて戸惑ったけど、私はもうそこにはいない。
今を見て、ここにいることを大事にすればいいんだと気がついた。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

私、のこと

桜珠

Author:桜珠
日々揺れ動く波のよう。
安定とはあまり縁がありません。

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

更新の励みになります。ご協力お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

闇を泳ぐ魚

空を自由に飛び回れ

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム